イチロー 胃かいようで故障者リスト入り…開幕8試合欠場

 【ニューヨーク小坂大】米大リーグのマリナーズは3日、体調を崩していたイチロー外野手(35)を出血性の胃かいようのため、15日間の故障者リスト(DL)入りさせたことを明らかにした。

 イチローのDL入りはメジャー9年目で初。期間は3月31日から14日までで開幕から8試合を欠場することになった。順調に回復すれば15日のエンゼルス戦(シアトル)から出場が可能となる。

 イチローは第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本の2連覇に貢献した後、26日にアリゾナ州ピオリアでのキャンプに合流。軽いめまいを訴えたため、オープン戦3試合を欠場してキャンプ地で検査を受けていた。

 胃かいようの出血は止まったものの、医師が休養を勧めたといい、マリナーズのズレンシック・ゼネラルマネジャーは「非常に難しい決断だったが、チームと彼にとって得策と考えた」と語った。

 イチローは現在、日米通算3083安打を放っており、今季は張本勲氏の持つ日本記録(3085本)の更新がかかっている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック